認定NPO法人 幼い難民を考える会
寄付する
home menu
認定NPO法人 幼い難民を考える会 caring for young refugees / CYR
お問い合わせ
CYRカンボジア
企業・団体の方へ
メールマガジンに登録する
寄付する

未来への足音:宮城県を訪れて

宮城県の支援先を訪問しました

宮城県の支援先を訪問しました

CYRは、9月末から10月初旬にかけて、宮城県の支援先を訪問しました。昨年来、定期的に現場に足を運び保育の様子を伺って、支援が十分に活用されているかどうか、今後の支援はどのように必要なのか、といったことを先生方とお話しするためです。

訪れた支援先は、以下の6施設です。
・キッズROOMおひさま(気仙沼市)
・つぼみ保育園(気仙沼市)
・のびる幼稚園(東松島市)
・おおぞら保育園(多賀城市)
・Kid's space ピッコロルーム(仙台市)
・託児スペース ポルカ(仙台市)

また、新たな支援の可能性を探る目的で、多賀城市の仮設住宅内で活動している保育スペースにもおじゃましました。

気仙沼の2施設は、新しい場所への引越し後、初めての訪問です。

キッズROOMおひさま(気仙沼市)

キッズROOMおひさま(気仙沼市)

以前は、仮の建物で水まわりの整備が乏しかった「おひさま」は、県外からの支援で建てられた新しい園舎に引越しました。保育のお手伝いのため今年2月、3週間を現場で過ごしたCYRの職員(保育士)が心配していた衛生問題は、今は立派なお手洗いや屋内外の手洗い場、個人用のタオル掛け具などが設置され、バッチリ解決です!(おひさまには、人件費・おやつ・教材支援、保育アドバイスを行って)います。

つぼみ保育園(気仙沼市)

つぼみ保育園(気仙沼市)

一方、少し広いスペースへと動いたつぼみ保育園には、家賃・移転後の改修費・教材を支援しています。被災直後から、子ども一人ひとりとその家庭の未来を大切に、懸命な保育を行ってきたつぼみの先生たちですが、経営的にはまだ安定しているとは言えません。これからも、多方面からの支援が欠かせないと考えています。

2012年11月 1日


〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル2A TEL.03-6803-2015 FAX.03-6803-2016

Copyright © CYR., All Rights Reserved.