認定NPO法人 幼い難民を考える会
寄付する
home menu
認定NPO法人 幼い難民を考える会 caring for young refugees / CYR
お問い合わせ
CYRカンボジア
企業・団体の方へ
メールマガジンに登録する
寄付する

織物の巡回研修がスタート!

i_56661612132738.jpg

カンボジア織物の美しさは、世界に知られています。幼い難民を考える会(CYR)は、カンボジアの農村に暮らす女性たちの経済的な自立と、戦争で失われかけた伝統文化の復興を目的として、織物研修センターで指導を行っています。

 今年度は、センターでの研修に加えて、その他の地域でも織物をしている女性たちの技術が向上するように、巡回研修をスタートしています。5月18日~29日、カンボジア、タケオ州のトゥナルダイ村では、研修修了生と織物トレーナーのスーン・ミットによる第1回目の巡回研修が開かれました。


この村に決めた理由
トゥナルダイ村には、CYRの織物センターで学んだことのある修了生が住んでいます。村にはこの2年間の間に、織物をする女性が40名にまで増えました。女性たちには、「もっと織りを勉強したい!」という意欲がありましたが、これまでに研修を受ける機会はありませんでした。CYRが色々な村で人々のニーズを聞いてまわっているとき、村長から"ぜひ織物指導に来てほしい"という声がかかりました。地域の女性たちの自立につながる!と思い、ここに決めました。
研修では、2種類の模様の織り方と染め方について学びました。

i_31161612151314.jpg

 研修を終えて ~参加者の声~

参加者
「今まで、草木染をしたことがないので、色がとても美しく、自分でも実践したい。」

村長
「織物の研修会は、村では初めてのことだった。新しい模様を習いたいという女性たちがたくさんいたので、本当に良い機会だった。」


研修が終わった後も、参加者全員がさらに練習に励んでいます。分からないことは、いつもお互いに教え合い、質の高いものを作ろうと、とても熱心です。伝統的な織物を学ぶことは、女性たちの誇りにもつながっています。

※この活動は、平成20年度国際ボランティア貯金寄附金により、実施しました。

2009年6月10日


〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル2A TEL.03-6803-2015 FAX.03-6803-2016

Copyright © CYR., All Rights Reserved.