認定NPO法人 幼い難民を考える会
寄付する
home menu
認定NPO法人 幼い難民を考える会 caring for young refugees / CYR
お問い合わせ
CYRカンボジア
企業・団体の方へ
メールマガジンに登録する
寄付する

おとなになった卒園生の今

リッケナーさん

幼い難民を考える会(CYR)は、カンボジアで幼児教育を行う国際協力NGOです。


CYRがカンボジアで保育所を開いてから17年。第一期卒園児は20歳を超えるようになりました。2002年、2004年に引き続き、3回目の卒園児調査を行いました。前回と比べて、中学就学率は1.4倍に、高校は5倍以上に増え、地域での教育に対する意識の変化が伺えます。
 今回は、大きなニュースがありました。地方の高校就学率がわずか6.1%の中、大学に進学した卒園児がいたのです。貧困を抱え、高等教育まで受けるのがとても厳しい状況に置かれながら必死で勉強に励んでいる卒園児を、紹介します。


看護士の夢をあきらめられなかった
リッケナーさん----- 

カンボジアでは、病気が流行っているし、事故もたくさん発生しています。だから、国の将来のために看護士になりたいです。そして、自分の生活も豊かにしたい。看護士になるためには学費がとても高いです。他の専攻にしようと思ったこともありましたが、どうしてもあきらめられませんでした。


子どもの希望を叶えてあげたい
お母さん-----

苦労は多いけれど、子どものやりたいようにさせてあげたいですね。たとえ何を失ったとしても、子どもの希望はどうにか叶えてあげたいです。学費は高いですが、内戦後に自分たちで購入した2つの田んぼのうち、1つを売れば2,000~3,000ドルくらいにはなりますので、それで何とかします。親戚から借金もするつもりです。リッケナーに教育を受けさせて自立できるようになったら、今度は自分たちの面倒をみてもらいたいですね。私が子どもの頃は、内戦中でしたので小学校もろくに通えませんでした。文字もお寺で習ったので、読むのがやっとです。


2009年11月27日


〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル2A TEL.03-6803-2015 FAX.03-6803-2016

Copyright © CYR., All Rights Reserved.