認定NPO法人 幼い難民を考える会
寄付する
home menu
認定NPO法人 幼い難民を考える会 caring for young refugees / CYR
お問い合わせ
CYRカンボジア
企業・団体の方へ
メールマガジンに登録する
寄付する

この夏、カンボジアへ「学びの旅」へ!!

インドシナを専門に扱う旅行会社である株式会社ピースインツアーとのタイアップで、CYR/CYKの活動地を訪問するスタディツアーの開催が決定しました。

日本の出発地は、東京(成田空港)または大阪(関西空港)になります。

この夏、カンボジアへ「学びの旅」へ!!

8月30日(火)から9月3日(土)の5日間という短い期間ではありますが、スタディツアーではたくさんの子どもたちの笑顔を通じ新たな発見と出会えるかもしれません。

ツアー中の訪問先について

1. タプロム村の幼稚園
CYRでは一人でも多くの子どもたちが幼稚園に通えるように、農村部で「村の幼稚園」という簡易の幼稚園を開設し、その運営を支援しています。
カンダール州にあるタプロム村の幼稚園も、そんな「村の幼稚園」のひとつです。

2. スラム訪問
提携団体であるカンボジアのNGOケマラを通じて、CYR/CYKが豆乳を支援しているスラムの保育所を訪問します。
また、保育所に子どもを通わせる保護者の家庭を訪問します。

3. バンキアン保育所、プレイタトゥ保育所
プノンペン市内で終日保育を行っている両保育所では、CYR/CYKは主に給食の支援を行っています。ツアー参加の皆様にも子どもたちと一緒に給食を食べていただきます。

4. トロピエンクラサン織物研修センター
タケオ州にあるトロピエンクラサン織物研修センターをご訪問いただき、カンボジアの伝統的な手織物が作られる過程をご見学いただきます。
この研修センターでは開設以来179名の村で暮らす女性たちが織物の研修コースを終了し、カンボジアの伝統を後世に受け継いでいます。

5. ピダン・クメール
プノンペン市内でCYR/CYKが運営をしているショップが「ピダン・クメール」です。織物研修を修了した織り手やスラムで生活するお針子さんに製造してもらった織物やマスコットを、適正価格で販売しています。

6. 王宮・銀寺
現在のカンボジア王室の宮殿です。敷地内ではフランスのナポレオン3世から送られた建物も観ることができます。王宮に付属する宝物殿が1982年にノドロム王によって建立された銀寺と呼ばれる建物で、床には銀の板が敷き詰められています。銀寺にはエメラルドの仏像も保管されています。

7. 中央市場
最近はイオンなどのショッピングモールも見られるようになりましたが、庶民の台所としての市場もいまだに健在です。中央市場(カンボジア語では「新大市場」)は国内最大級の市場で、生鮮食料品のほか、衣類や生活雑貨などもこの市場で手に入れることができます。

8. トゥールスレーン博物館
ポルポト時代(1975年4月~1979年1月)に強制収容所として使われていた元リセ(中高一貫教育施設)の建物、現在は博物館として保存されている。この収容所に収監された人々は20万人とも言われており、取り調べを受けた後ほとんどの人々は処刑されました。

※スタディツアー後に1泊延泊をしてアンコール遺跡群を訪問するオプショナル・ツアーもあります。

【ご旅行のお申し込み先】
株式会社ピースインツアー
官公庁長官登録旅行業第1917号/一般社団法人日本旅行業協会正会員
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67 早稲田グローバルビル5F
URL: http://www.pitt.jp/
e-mail: info@pitt.co.jp
総合旅行業務取扱管理者:小林奈々
電話:03-3207-3690(担当:小山・小林)

パンフレット、旅行申込書はこちらからダウンロードください。
パンフレット(2016 Summer).pdf
旅行申込書(2016 Summer).doc

2016年4月18日


〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル2A TEL.03-6803-2015 FAX.03-6803-2016

Copyright © CYR., All Rights Reserved.