認定NPO法人 幼い難民を考える会
寄付する
home menu
認定NPO法人 幼い難民を考える会 caring for young refugees / CYR
お問い合わせ
CYRカンボジア
企業・団体の方へ
メールマガジンに登録する
寄付する

全国・海外に広がる布チョッキンの支援

当会が日本国内で実施しているボランティア活動「みんなで布チョッキン」。

ランチタイムや就業後に時間を取って参加して下さる企業社員の方々、
市民に広く声をかけてイベントを開催して下さる団体の皆様、
授業で取り組んでくださる学生の方、
そして継続してご支援くださる個人の皆さまなど、たくさんの方にご協力いただいています。

これまでは日本国内で実施し、カンボジアへ布を送っていた布チョッキンですが、
この度、丸紅株式会社様のご協力により日本全国、そしてニューヨークで実施され、
大勢の社員の皆さまにご協力いただきました。

******************************

布チョッキン協力企業の1つ、丸紅株式会社(東京都千代田区)は
ランチタイムに布チョッキンを実施、社員の方々はお弁当を持って集まり、
活動に参加して下さいます。

昨年度の布チョッキンの際、総務部・担当者の方が
「夏休みに、自宅で家族と一緒にできる活動として
支店やグループ会社に布チョッキンを紹介したい、海外でもできそう」
とお話されたことが今回の活動の始まりでした。

その時には、当会職員も活動が日本全国だけでなく海外にも広がるとは
夢にも思っていませんでした。そして今年7月、担当者の方より
「布チョッキン説明資料を日本語・英語の両方で欲しい」とのご連絡をいただきました。
それまで説明資料は基本的に日本語でしか用意していなかったため、
社会人・大学生ボランティアと翻訳を行い、大慌てで英語版資料を作成しました。

その後、「おうちでボランティア」と名付けられたこの活動は、
7月下旬~9月にかけて、丸紅株式会社本社と4つの支社、グループ会社7社、
さらには丸紅米国会社(ニューヨーク)で実施されました。
多くの方のご協力で人形120体、ボール440個分のセットが完成しているとのことです。

さらに「ニューヨークで活動後、社内報を見たアメリカ国内の支店や
グループ会社でも参加希望があるようで、今後はさらに活動を広げることができそうです」
とのご報告もありました。
mac1.jpg mac5.jpg
ニューヨークでの開催の様子。たくさんの社員の方々が参加してくださいました。


また、参加者の皆さまからは次のような嬉しいご感想が届いています。

MISI8月24日01.jpg
グループ会社での実施の際には、活動に参加したことのある社員の方が総務部にいらしたようで、
その方が布チョッキン作業について詳細に説明して下さったとのことでした。


今年度、9月までにカンボジアに届けた布の数は人形638体・ボール1,385個分。
製作された遊具はカンボジア全土で新設される公立地域幼稚園に配布されます。

布チョッキンでご寄附いただく人形とボールは、子どもたちはもちろん、
遊具の縫製を行う農村の保育者・保護者にも貴重な現金収入の機会として喜ばれています。
今後もたくさんの布をカンボジアに届けたいと思っています。

そして、丸紅株式会社・丸紅米国会社社員の皆さま、グループ会社社員の皆さま、
温かいご支援に心より感謝申し上げます。



布チョッキンについてのお問い合わせ
特定非営利活動法人幼い難民を考える会
Tel: 03-6803-2015 E-mail: info@cyr.or.jp

2015年10月22日


〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル2A TEL.03-6803-2015 FAX.03-6803-2016

Copyright © CYR., All Rights Reserved.